相互リンク

効果的なSEO対策は、相手を選んで互いにリンクすることをお願いすることです。 大量・無差別に相互リンク依頼をしないことに注意しましょう。
相手を選んで相互リンクを依頼しましょう。 特に個人サイトの方がおこないやすいのが相互リンクです。同 じ趣味 ・話題を扱っているブログ・サイトを運営している場合、互 いに リンクしあうことをお願いしてみてもいいでしょう。ブログの 場合は、同類のブログを自動的にリンクで一覧表示するツールがありますので、そういったものを使っても問題はありませんが、リンクが静的サイト内リ ンクの設置しよう。ただし、ブログパーツやガジェットを使ってリンクをする場合、JavaScript やFlash などの技術でリンクが生成され、ソースコード上には相手先リンクが記述されて いないので検索エンジンからは評価されません。 相互リンクのための相互リンクサイトは絶対に避けることです。 SEO対策の世界において相互リンクの問題はとりわけ勘違いをして いる人が非常に多いため、先に注意事項を書きます。決して 「相互リンクのための相互リンクサイト」には登録しないようにしましょう。

相互リンクのための相互リンクサイトとは、コンテンツが相互 リンクであること、つまり「リンクだけがコンテンツ」になって いるサイ トです 。 これ らは表向きにどんな説明がされていても、 要はSEO対策の目的のみに存在する相互リンクサイトです。
こうしたサイトのリンクは2008 年5月現在、検索エンジンからは一切評価されませんし、相互リンクのための相互リンクサイ トその ものがインデックスから削除されたり、ランキングを下げられてい るものも少なくありません。つまり 、リ ンクすることが目的のリンクサイ トは 単にリンク評価を不正に上昇させるため以外のなにものでもないため、検索エンジンスパムと判断されているのです。
以上の理由から、たとえ登録して相手にリンクをしてあげでも なんの得もありませんので手を出きないように注意してください。 ちなみに相互リンクのための相互リンクサイトの見分け方はとて も簡単で、画面を聞いた時に数百ものリンクがずらずらとひたす ら並べられているもの、あるいは、相互リンク以外のコンテンツ がほとんどないものは大抵、該当します。

SEO対策のおすすめサイト:格安SEO対策なら東京SEOメーカー