ドメインについて

複数サイトを運営しているなら相互にリンクさせるのもSEO対策には有効です。コンテンツが多いならドメインで分けてリンクしましょう。SEO対策のためだけにむやみにサイト分割しないほうがいいでしょう。
グループサイトは互いにリンクしましょう。 企業はもちろん、個人でも1人で複数のサイトを運営しているこ とが少なくないでしょう 。企業であれば、コーポレートサイトと サービスサイトを別に保有していたり、ターゲット顧客や目的ご とにドメインを分けていることもあるでしょう 。個人であればブ ログを複数持っているかもしれません。
いずれにせよ、それらのサイトが全く別のドメインで運営されているなら、お互いを相互にリンクさせることで互いに外部リンクを獲得することができます。ですから、もし複数お持ちであれ ば迷わず相互にリンクさせましょう。
サイトのコンテンツが互いに関連性がなくても、ネガティブな影響がでることはないので全く問題ありません。数を稼ぐことができますし、それぞれ自分で管理している以上はアンカーテキス トもコントロール可能ですので、検索上位にあげたいキーワード でリンクを張ります。
もし、 1つのドメイン下において多岐にわたるコンテンツを持っ ているのであれば、それをジャンルごとにサブドメインで分割し た上で、互いにリンクを張り合うことで外部リンクを稼ぐことも できます。
検索エンジンは、サブドメインが異なる場合でも、外部からのリンクとみなすので、 SEO対策の観点からいえば効果はあります。
ただし、これを悪用してサブドメインを数千、数万単位で作成 し、それを互いにリンクさせるといった手法が横行したため、サブドメイン下 のサイトからのリンクは、全くドメインが異なるサイトから程度には評価されません。
SEO対策の観点からのみドメインを考えないことです。 技術的な観点から述べれば、「ドメインを分けて互いにリンクを張ることは検索エンジンからの評価が上げられるというアイデ アであると考えてください。つまり、十分な量のコンテンツを持っていないのにむやみにドメインを分割することは、プランデイングや宣伝活動において必ずしもプラスにな るとは限らないのです。ドメインは今や企業にとって重要な財産 であり、その名称をステークホルダーや消費者に認知させることは重要です。訪問者にとっての認知や使い勝手など、様々な視点 から総合的に判断をすることをお勧めします。ドメイン分割はあくまでSEO対策のテクニカル要件の1つに過ぎません。
サイトのドメイン分割でSEO対策効果が失われることも ドメインを分けてしまうことで、かえってSEO対策の効果が失われ ることがあります。ドメインを分割するとパックリンクが分散するため、もしドメインを分割せず、 1つのドメイン下でコンテンツを集中させていたら狙っているキーワー ドで検索上位に表示でき たかもしれないのに・・・といった機会損失が発生する可能性があり ます 。
仮にドメ インを分割することを検討するなら、大前提として訪 問者に対して満足させられる程度の十分な情報量や楽しさ、おも しろさを提供できるのかといった視点でも考えておく必要があり ます 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です