何がリンク効果を生むのか

被リンクは数よりも質が重視されるようになりました。それでは、どういった被 リンクが「質が高い」と評価されるのでしょうか。
それは検索エンジンから高い評価を得ているサイトです。検索エンジンの出す高 い評価の基準は、 4つのポイントからなります。

・良質な被リンクの数が多い
・運営期間、またはドメイン歴が長い
・コンテンツ(サイト全体の文字数)がしっかりしている
・発リンクの数が少ない

中でも、圧倒的に重要なのが被リンクの質と数です。これさえあれば他の条件は まったく満たしていなくても、被リンク元として高い効果が期待できます。 端的にいうと、「周りから認められているサイトから認められるサイ トは 良いサ イト」という考え方に基づきます。 仮に、 2つのサイ トが 同様の被リンクを受けている場合、 2番目以下の要素が優劣に関係してくるといえます。
つまり、運営期間やドメイン歴が長ければ長いほど有利で、コンテンツが豊富なほど評価は高くなります。また、発リンクの数が被リンクの質と数に比較して少な いほど、評価が高くなります。

オールドドメインからの被リンクは効果が高いとして、近年脚光を浴びています。 SEO業者の被リンク販売の営業トークでも頻繁に使用されるようになりました。 確かに、オールドドメインで作成したサイトからの被リンクは、新たに取得したドメインによるサイトからのそれより、効果が高くなる傾向にあります。 しかしその理由は、「オールドドメインだから」ではなく、上で述べた「被リンクの質と数が多い」からに他なりません。つまりオールドドメインのサイトであっ てもそのドメインにまったく被リンクがついていなかったら効果はありません。ま た、被リンクがついていてもその質が組悪だったり、以前スパム判定を受けたドメ インである場合には、むしろSEO の足を引っ張ります。 また、オールドドメインからの被リンクが高い傾向があるといっても、元々以前 の所有者が以前のサイトの時代に集めた被リンクが残っているからです。それが新たに作成した言語も内容も違うサイトが引き継ぐというのは本来おかしなことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です