リニューアルならアクセス解析でキーワード探し

リニューアルの場合は、アクセス解析を使ってキーワードを探しましょう。
ここでは、無料のアクセス解析ソフト「Google Analytics」を導入している例を基に説明していきます。

【サイト全体のアクセス結果からキーワードを調べる方法】
まずは、キーワードの探索範囲をWebサイト全体に広げた場合の方法を紹介します。
Google Analyticsのレポート画面で「トラフィック」を選び、「キーワード」をクリックします。
ここは素直にセ ッションの多い順に見ていきましょう。セッションが多くても、業種、業態、サー ビス、商品などに関係のないキーワードは外したほうがよい場合もあります。
直帰率が高かったり、滞在時聞が短かったりする無関係なキーワードが、たまたま多くヒットしている場合もあるからです。
リニ ューアル後にも引き継ぎたいというか、参考にしたいのは、上位10件か上位20件ぐらいまでのキーワードです。
急に1桁落ちるところをボーダーラインと考えて、10件にするか20件にするか決めるのが分かりやすいと思います
(干の位から百の位や百の位から十の位など)。
次に、キーワードの範囲をランディングページに絞った場合の方法を紹介します。
「コンテンツ」から「閲覧開始ページ」で調べたいページの相対パスをクリックし、さらに「ページ別のキーワー ド」をクリック。
これで、当該ページ参照時に使用された上位のキーワードを表示できます。
「閲覧開始ページ」から始めることで、ランデイングページを人気順に並べ直しているところがポイン卜です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です