Web商店の可能性の広がり

リアルな商店の抱えている問題もそうですが、昨今は、大型ショッピングモールの集客率から考えると、商店街や個人商店の集客は、よっぽどの人気商店でない限り、集客率をアップさせる事は困難な状況です。インターネット上でも同じ事が言えます。著名な各ECサイトが、大型ショッピングモールのように、膨大な製品を抱え込み、大規模なECサイトに行けば、ほぼユーザーの目的が達成されるよう仕組みが出来上がってしまっているので、なかなか、Web上の個人商店が成り立たないかとも考えられますが、リアルな個人商店とWeb上の個人商店の異なる点は、Web上の個人商店には、「検索エンジン」という強い味方が存在する事です。ユーザーは、日々、身近にあるスマートフォンやパソコンを利用して、「検索エンジン」を、ほとんどコストをかけずに利用する事が可能ですので、気軽に欲しい製品を検索できるという点では、Web上の商店サイトは、SEO対策などを含めた広告活動がうまくできれば、集客を見込めるあらゆる可能性を秘めた媒体であるのです。リアルな個人商店の集客対象が、地元住民に限定されるのとは異なり、Web商店の集客エリアは果てしなく広がりをみせています。そのようなWeb商店の可能性を広げるお手伝いがSEO対策としての役目の1つであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です