アクションにつながるキーワード

アクションにつながらないキーワードでいくら集客しても「成果」にはならないと思います。購入をしてもらいたくてサイトを立ち上げているのに、言葉の意味を知りたいとか、キーワードに関連したことを調べたいという人ばかりを集客してしまっていては目的には到達できないと思います。SEO対策を初めたばかりの人が陥りやすい霊として、調べ物系と一単語系というものがあるそうです。調べ物系というのは「○○とは」に代表されるように、言葉の意味を調べているだけというタイプのことだそうです。調べ物系のキーワードは検索件数は多くて、競合が少ないということで、キーワードとして選定してたくなるそうです。けれど、これを選んでしまうと、語句を調べることで満足した人は次のアクションに繋がることがとても少ないといえるようです。一単語系となると、「デジカメ」「SEO対策」というようなものですが、これは検索数が多くても何を目的としているのかわからないといったことになるそうです。「デジカメ」の画像を調べているのか、「デジカメ」を買いたいのか、新製品を調べているのかではわからないそうです。もちろん、こういったキーワードは大企業がたくさん並んでいるということで、対策するのも大変になってくるようです。競合の面から避けたいワードともいえるようです。アクションにつながるキーワードというのは、ニーズを含むものだそうです。エリア系とすると「美容室 恵比寿」「レストラン 新宿」とかいうもの、お悩み系というのは「ダイエット 方法」「転職 仕方」、購入系なら「デジカメ 激安」「SEO対策 相場」、緊急系なら「デジカメ 修理」「名刺 即日」といったようなものだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です