スマホとPC

スマホが急速に普及している現代では、GoogleやYahooといった大手の検索エンジンも、主要な回路を構成する素子をPCからスマホへと主体を移行してきているそうです。この傾向から、スマホ利用者にとって快適な環境を整えるためのアップデートが用意されたり、製作者側の声として、スマホ専用ページのないサイトは順位があまり上がらないといった事例が囁かれていると言われています。これからの時代は、どんどんスマホでできることというものが増えることが予想され、更に便利に利用できるようなアップデートが多くなっていくのではないでしょうか。モバイルファーストインデックスというGoogleの対策も、こういったスマホ社会を代表する対策と言えるでしょう。モバイルファーストインデックスというのは、検索エンジンがサイトの情報を集める時の方法を指しており、従来の検索エンジンは一般的にPC版ページから情報を集めて結果に反映していたところ、スマホ専用ページを持つサイトの場合、PC版よりスマホ版ページからのを結果へ反映していくという方法へ更新したのが、モバイルファーストインデックスとされています。これまでも携帯でのネット利用は不可能ではなかったものの、検索はPCから行うといった人が圧倒的におおかったため、モバイル専用ページはフューチャーされなかったようです。ユーザーにとって快適な環境が整えられていく反面、制作側や検索エンジンの運営というものにはたくさんの改善が求められる時代なのではないでしょうか。もはやスマホは携帯という括りを飛び越し、モバイルPCというイメージで利用できる環境が整っている時代と言えるでしょう。しかし、この流れに乗って無計画にスマホ版ページを適当に用意するのはあまり良いことではないと言えるでしょう。検索結果に反映されるページ作成として慎重に取り組むことが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です