コメント記述

どれだけインデントに注意していたとしても、HTMLが長くなってしまうとどうしても「読み辛い」といった問題は避けられないのではないでしょうか。そういった問題を鑑み、HTMLにはコードの途中に自由にメモを取れるように構文が用意されていると言えるでしょう。例を挙げてみましょう。「」のように、「」に囲まれた「メモ」と書かれた部分にメモを書いていきましょう。これは複数の行に分けて書くことも可能であり、「」で囲み込むことにより、みやすくメモも取れるとされています。この「メモ」は、プログラム用語では「コメン卜」と呼ばれており、「コメン卜を入れる」とか「コメントを残す」という表現で使われているのが一般的なようです。基本的にはコメントには何を書いても良いとされていますが、コメントの目的としては「コードの見通しを良くする」ことと「視界を良好に保つ」ということが挙げられるため、一般的に「どこからどこまでがどんな意味のエリアか」ということが一目で理解できるようなコメン卜を記入することが望ましいと言えるでしょう。使用例として、ヘッダーやフッターなどのように、どうしてもコードが長くなってしまいがちなエリアの直前と直後にエリアの名前をコメントするといったことが挙げられるでしょう。頭の部分に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です