サイト内でどのような形、また大きさの文字を使用するかという選択や、洗濯したその文字をどのように並べるかといったような、文字によって行われる視覚的な表現を「タイポグラフィ」と呼んでいます。ウェブページでの情報伝達の要であり基本となるのが文字と言え、このタイポグラフィを理解し、効果的に利用できるかどうかはホームページ作成において非常に重要なポイントとなるでしょう。画面に表示される文字や、印刷用に使用される文字のことを「デジタルフォント」と呼んでいます。これは、意識するまでもなく、私たちが日常様々なシーンで目にしているものと言えるでしょう。デジタルフォントにも種類があり、文字の形を点の集合体で記述するラスタ形式のフォント「ビットマップフォント」、任意の点と点の間を線で結び、直線や曲線などで輪郭線を記述するベクタ形式のフォント「アウトラインフォント」もデジタルフォントと言えるでしょう。デジタルフォントの表示形式というのは、使用する目的に応じて分かれており、画面表示に用いられるのは「スクリーンフォント」、プリンタ用などに用いられるものを「プリンタフォント」と呼んでいます。デジタルフォントは、ディスプレイモニタやプリンタなど、出力される媒体や装置に対応する解像度のラスタ形式のデータに変換されるとされています。また、アウトラインフォントは「truetypeフォント」、「postscriptフォント」、「opentypeフォント」などのような種類があり、商業利用などの印刷には、高価だが高品位とされる「postscriptフォント」や「opentype」といったフォントが利用されていることが多いようです。自身の運営するサイトの種類によってフォントを選んでいくことが重要なのではないでしょうか。