スニペットあるいは「ディスクリプション(description)」という言葉は聞かれたことがあるかと思います。Googleのような検索エンジンで検索クエリを入れた時に表示されてくる検索結果のtitle下部に表示されているWebサイト内のコンテンツ概要を記載したものがそれにあたります。一般的に、PCの場合はその文字数が110~120文字程度と言われています。ところが、昨今のモバイル端末全盛では、それが50~60文字程度と半分近くと考えられているのも現実やむを得ないとも言えそうです。いきおい、ディスクリプション記述段階では、その辺の事情も考慮した記載が求められます。アピールしたい重要キーワードならば50文字以内に、全体でも110文字をmaxとするぐらいの気持ちで考えておいた方が良さそうです。このことは、「MFI(モハイルファーストインデックス)」導入後の現在では、必須事項と言えるのではないでしょうか。